歯周病を侮ることなかれ

加齢とともに歯茎(はぐき)が下がってきますが、これは、加齢とともに細胞の増殖する力が低下するためで、誰にでも起こることです。 しかし、加齢による口腔内(こうくうない)変化は歯茎の低下だけにとどまらず、歯根(歯の根元)が露出してしまい、骨粗しょう症によって歯を支える土台である歯茎が痩せてしまい、歯周病などの『口腔疾患』になりやすくなります。 歯周病とは「歯肉炎」と「歯周炎」の総称ですが、歯周病は、「歯周病を引き起こす細菌」によって起こる、立派な「(慢性)細菌感染症」です。...

母乳は食物アレルギーの原因にはならない

 医学の進歩によって、昔は良いとされていたことが現在では否定されている事が多々あります。 ちょっと前までは、母親が食物アレルギーの場合、授乳中は、アレルギー原因物質は食べない方が良いと言われていたため、食物アレルギーを持つ母親は、授乳中、一生懸命、原因物質を避ける生活をしていましたが、当時、医師に言われて一生懸命されていた方にとっては悲しいことに、現在では、あまり意味がないどころか、乳児の栄養バランス的によろしくない、と予防的な除去効果に関しては否定されています。...

化粧品と医薬部外品の違いとは?

 化粧品というと、メークアップ製品やスキンケア製品をイメージするかもしれませんが、日本においては、旧薬事法(薬事法第2条第3項)(昔は薬事法と呼ばれていたが、2016年に薬機法と改訂)に「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を整え、または皮膚若しくは毛髪すこやかに保つために、身体に塗擦、散布などこれらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう」と定義されています。...

皮下脂肪と内臓脂肪:脂肪吸引は「脂肪細胞」の害から体を守ってくれるのか?

お腹周りに溜まる脂肪細胞。夏を迎えるときには薄着で「ウエスト回り」が気になり、冬になれば、温泉で「ウエスト回り」が気になりと、結局年中気になるウエスト回り。 お腹周りの脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪の二つに分けられます。皮下脂肪は女性に多く、メタボには関与しない脂肪組織です。メタボのシンボルは内臓脂肪の方です。 女性に多い皮下脂肪は、老化とともに萎縮してくるそうです。高齢女性が痩せてくるのは、この辺に理由があるそうです。 さて、メタボのシンボル「内臓脂肪」ですが、「太っている人」の問題、と思っていませんか?...